3年目の看護師転職

看護師として3年目になると、ある程度の仕事にも慣れ、知識や経験から自分で判断ができるようになり、自分の看護師としての能力についても分かり始める時期です。

また、「これから自分が目指す看護師ってなんだろう?」という考えを持ち始め、転職を考える看護師が多いのも3年目です。

以下では、3年目の看護師に合った転職先を紹介していきますが、まずは、なぜ3年目の看護師は転職を考えてる人が多いのか見ていきます。

3年目の看護師の悩み

・3年働いたが職場の人間関係がよくないので転職したい
・看護師としての自信が持てなくなる
・今の職場だとスキルアップできない
・3年も勤めているのに給料が上がらない

上記のように人間関係に悩む場面が増えてくる一方、後輩の面倒も見る側になるので自分自身の勉強になります。ですがその反面、後輩にうまく教えられない場面に遭遇したり、自分の勉強不足に気付き、自信をなくしてしまう看護師もいます。

他に、3年も働いてるのに給料が全く上がらないという職場への不満や将来のことを考えてもっとスキルアップ、キャリアアップしたといったことから転職を考えるようです。

看護師の転職理由について簡単に見ていきました。次に目的に合った転職先の選び方を見ていきます。
一般社団法人 山口県病院協会

転職先の選び方

・クリニック
夜勤や不規則な生活になるのが嫌だけど資格は活かしたいという看護師にはクリニックがオススメです。 検査や点滴、注射など一人でこなさなければなりませんが、臨床経験が3年あればクリニックでの業務は問題ありません。

とはいえ、クリニックでは一定の業務しか行わないため、いつかは臨床に戻りたいという考えがあるなら、スキルを維持できる職場への転職をオススメします。

・大学病院・総合病院
スキルアップしたいのなら、規模が大きく様々な患者が集まる大学病院・総合病院がオススメです。

大学病院・総合病院は緊急性の患者が多いのでとっさの判断で行動しなくてはなりません。患者の様子などの観察をしっかり行い、その時の判断力が看護師の重要なスキルになります。

また、収入重視の場合は夜勤手当が多いため、夜勤に入れるなら大病院が高収入へとつながります。

・デイサービス・訪問看護
患者への素早い対応が必要なため、臨床経験が3年でも少し難しい仕事です。 ですが、職場によっては採用してから指導していき一人で業務につけるようにしてくれます。

臨床経験に自信がある方、デイサービスや訪問看護に興味がある方は探してみるのもいいかもしれません。

・CRC
CRCは新薬に関わる仕事です。他職種との関わりや移動もあるので、忙しく働きたい方にオススメです。経験年数やスキルもいらないので、臨床経験があれば大丈夫です。

上記で3年目看護師にオススメの転職先について見てきました。

看護師にとって3年目を迎えると期待や不安など悩む看護師が多くなる時期です。 転職を考えているなら今持っている悩みや不安をよく考え、自分の条件に合った求人、職場を見つけていきましょう。

転職先の選び方

看護師は、現在、その人材不足に頭を悩ませている病院も多いことから、特に需要の高い専門的な仕事となっています。

再就職をするにしても、条件的に転職しやすいといえるでしょう。転職のメリットとして一番に看護師としての技術の向上が上げられます。給与の面で見ても、一般的な男性サラリーマンと同じくらいか、それ以上が期待できます。

病院によって違いはありますが、どこに行っても需要があるという点については、看護師の転職は一般の職業に比べて確実に再就職率は高いといえます。

転職の事情にもよりますが、希望はかなり配慮されることが多いです。現場は「ベテラン看護師」を求めています。即戦力となる看護師が転職してきてくれるのは、病院としてもとても助かることなのです。

エキスパートとして技術を身につけたい方にとっては、その分野に就くことができる上に、勤務時間なども希望があれば優遇してもらえるでしょう。

手当てにも色々ありますが、例えば薬剤師の場合、「離島手当て」というものが割と高額支給されるのだそうです。

1年間離島で薬剤師の職務につき翌年留学をしてスキルアップという道を進むことなどもできます。単身での転職を考えている方の場合は、そういったメリットもあるということも考えて転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

家庭のある方の場合、ご主人の転勤等の都合で一度仕事を止められる方もいます。看護師資格があれば、どこに行っても仕事はたくさんあると思うので、優遇してほしい条件をつけて転職することをおすすめします。

やはり家庭は大事にするべきなので、その点は重要なポイントになってきます。子どもがいるのであれば、託児所付きの病院を探す必要がありますし、そうでなければ遅い時間まで預かってくれる保育園も必要です。

雇ってもらう身ではありますが、高い給与の対価として意義のある仕事をするのですから、転職の際にはなるべく自分の希望をしっかり固めておくようにしましょう。

看護師転職のデメリットとは?

看護師の世界では、転職はよくあることです。 スキルアップを目的とした理由から、家庭の事情などで転職される方まで、様々な理由がありますが、この転職で苦戦される方が多くなっています。

苦戦されがちな傾向にあるのが、「転職回数の多い看護師」です。看護師の仕事は常に過酷な労働環境におかれていることが多いので、向かないと判断するとすぐに転職してしまう方が増えてきています。

日勤の場合は朝早くから出勤して、夜勤看護師と引継をし、点滴や注射の用意、手術の準備などを行います。

患者さんから具合が悪いとナースコールで呼び出しがあれば、その患者さんの対応に追われ、介助入浴なども行います。これらの仕事は、大きな責任感と、覚悟が必要になってきます。

看護師が他の病院への転職という形であれば、精神的な面でも不規則な生活リズムの面でも耐えることができるでしょう。

しかし、初めて看護師として働く方が、この過酷な環境の中に入って仕事をするということは、相当な苦労を覚悟する必要があります。

また、看護師から看護師へ他の病院に転職するとしても、新しく看護師資格を取って就職をするとしても、目に留まる求人の情報は非常に少なくなっています。

ただし、公になっている求人が少ないだけであって、転職サイトによっては求人案件をたくさん持っているところも存在します。上手に転職活動をするのであれば、そういったサイトを見極めることが大切になってきます。

また、「転職回数の多い看護師」の場合、面接で不採用になる確立が高くなってしまいます。 責任感や協調性だけではなく、忍耐なども看護師にとっては重要なスキルです。そういったスキルが欠如している判断されることも多く、転職が難しくなってしまいます。

ただし、面接のときには、転職を希望した事情を正直に説明することにより状況が良くなることもあるので、悲観的に思う必要はありません。

後述にはなりますが、履歴書の書き方・注意点、面接の服装や対応の仕方・注意点などについても記載しますので参考にしていただけるとよろしいかと存じます。

転職にはもちろんデメリットもつきものですが、それを逆手にとってより有意義な転職活動ができるようにがんばってください。

ページの先頭へ